【ArcGIS Maps for Power BI 】を使ってみよう

ArcGIS Maps for Power BIという地図のビジュアルがあります。

このArcGIS Mapsですが、基本は地図機能ですが豊富なビジュアルと、ヒートマップ機能など、これまでの地図より細かいところの設定が可能になっており、見栄えが非常によいです。
客先での第一印象のインパクトを与えるには効果的かと思います。

ArcGIS Maps for Power BIの使用方法

使用するためには、まずチェックをオンにします。

ファイル > オプション > セキュリティ > ArcGISMaps~のチェックをオン
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906170358p:plain

ビジュアルの中からArcGIS MAPSを選びます。
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906174259p:plain

配置して起動します。
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906165951p:plain

基本の使い方は、フィールドの部分を見ていただければわかると思いますが、だいたい他の2つのマップと同じ感じです。
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906174505p:plain

他のマップとの違い

①「ツールチップ」というフィールドがある

これは何かというと、地図上のポイントを触ったときにデータの中身が表示されるアレに項目を追加する、これまでのビジュアルでいう「ヒント」と同じですね。
ここに同じ値カラムを複数並べて、1つ目は合計、2つ目は平均、3つ目は最大値、のように複数表示が可能です。
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906175040p:plain

②時間を設定できる

これはそのままなので詳細は省きます

③「色」のフィールドにカテゴリを設定できる

ArcGISでは、カテゴリを配置して「凡例」のように色分けをすることができます(そういえば普通のマップでもできましたね)。
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906180929p:plain

都道府県でポイントしていますが、色フィールドにカテゴリとして
「厚生局」を配置したので、厚生局ごとに色分けされています。

以降はビジュアルの右上にある「…」から「編集」画面でできることを紹介します
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906175425p:plain

④デザインをいろいろ変更できる:「ベースマップ」

これは楽しいです。
「ベースマップ」からデザインをいくつか選べます。
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906175654p:plain
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906175819p:plain

⑤デザインをいろいろ変更できる「マップテーマ」

ポイントの表示形式を選べます。なんとヒートマップも作れるんです!画期的!

ヒートマップ
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906180110p:plain

クラスタリング
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906181432p:plain

色、もしくはサイズフィールドに入っている値をグループ化して計算した値を表示してくれます

⑥ピンを刺せる

指定した地域に目印のピンを立ててくれます
f:id:frogwell_powerBI_blog:20170906181827p:plain

他の項目は、選んだポイントスタイルの色やサイズや形(丸だけじゃなくて四角とかもできます)を設定する項目なので、選んだシンボルスタイルに併せて設定画面が変わりますので自分で触ってみてください。

まださわりしか使用していないので、有用な使用方法は探り中ですが、いろいろな可能性と、見た目向上!(大事)に貢献してくれると思います。
客先で見せたらインパクト抜群です。

ArcGISの公式詳細と使用方法はこちら

ArcGIS Maps for Power BI | ArcGIS